THE GUN(高杢禎彦 大内義昭)

omoide_THE GUN

 

昭和のチャートを席巻し瞬く間に記録を塗り替えた伝説のグループ『チェッカーズ』の高杢禎彦とコンポーザー&プロデューサーとして数々のヒットを放ち、自らも「愛が生まれた日」でミリオンヒットを記録した大内義昭が大人の音楽を奏でるユニット“THE GUN”を結成!

YouTube

 


◎高杢禎彦

1983年、チェッカーズとして『ギザギザハートの子守唄』でキャニオンレコード(現/ポニーキャニオン)よりデビュー。
セカンドシングルの『涙のリクエスト』が大ヒット!
ランキング番組に3曲同時ランクインするなど社会現象化し、ファッションなどにも大きな影響を与える。
以降すべてのシングルがベスト5にランクイン、『ジュリアに傷心』は1985年の年間チャート1位に輝いた。

人気絶頂の1992年、突然解散を発表しNHK紅白歌合戦を最後にチェッカーズ解散。
解散後、食道の下部半分、リンパ節六十二本、そして胃・胆のう・脾臓の全摘出と言う凄絶なガン手術を乗り越え、ソロとして音楽・映画・舞台・講演等 精力的に活動の場を広げ現在に至る。

ソロシングル:「酒なんかいらねえ」 「HONMOKU1971」 / アルバム:「愛を抱きしめよう」 他

 

photo_takamoku2


大内義昭

ouchi01
1984年「DU-PLEX」としてCBSソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)よりレコードデビュー。
1986年より作家活動を開始し、小比類巻かほるに提供した 『Hold on me』 (NTV系ドラマ「結婚物語」)が大ヒット!
その後も大内×小比類巻タッグで『TOGETHER』『DREAMER』等次々と大ヒットを連発する。以降、光GENJI、前川清、中森明菜ら数多くのアーティストへの楽曲提供と共にシンガーとしても活躍し、1994年には藤谷美和子さんとのデュエット『愛が生まれた日』がミリオンセールスを記録。

91年世界陸上、94年ワールドスーパーバレーのイメージソングやVシネマ『静かなるドン』シリーズの音楽、Jリーグ ギラヴァンツ北九州イメージソングも手掛ける。

2014年12月にはピンク・レディーのケイさんこと増田惠子さんの“愛”がテーマにされた楽曲を集めたカヴァー・アルバム「愛唱歌」で、1994年ミリオン・セラーのメガヒットとなった「愛が生まれた日」を発売20周年のメモリアル・デュエット・ソングとしてオリジナル・シンガーの大内義昭がデュエット!


ディスコグラフィー

LOVESONG / THE GUN(高杢禎彦 大内義昭)

LOVESONG / THE GUN(高杢禎彦 大内義昭)

映画「ラーメン侍」イメージソング
『LOVESONG』
SONG BY THE GUN(高杢禎彦 大内義昭)
配信限定 SINGLE
CHHI002

2011.10.19 Release

思い出は少し光って消えてゆく / THE GUN(高杢禎彦 大内義昭)

思い出は少し光って消えてゆく / THE GUN(高杢禎彦 大内義昭)

映画「ラーメン侍」エンディングテーマ
『思い出は少し光って消えてゆく』
SONG BY THE GUN(高杢禎彦 大内義昭)
配信限定 SINGLE
CHHI003

2011.10.19 Release